09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008

11/30

Sun

07:45:08

世界で一番近い夜空と家族のぬくもり 

Category【 Peru 】
ウロス島に寄った後、Amantani島でホームステイ。
そこそこ大きな島で、人口4000人くらい??
この島は各家庭で太陽光発電してるくらいで、
たぶん日常生活では電気なんてないし、
2000年くらいまでほとんど観光客が入ってなかったみたいだし、
島の人もすごく素朴でめちゃめちゃ良かった。

ステイ先はこんな感じ。フツーの民家。
CIMG9974.jpg

夕方、島の中央にある山に登ったけど、多分4000m超えてたんじゃないかなぁ、
息切れに動悸に、すげぇきつかった。
そこから見た夕焼けは、
低い空に広がり、一刻一刻と形を変えていく雲を真っ赤に染めてて、
これまでに見たことない夕焼けだった。

夜、夕飯の後はダンスパーティ。
村の集会所みたいなところに伝統衣装着たツアー客とホストファミリーが集まって、
フォルクローレの調べに乗って踊るわけですが。
標高4000m近くでのダンス、しかもかなりのアップテンポ。
富士山頂で踊り狂う感じ。どう考えてもしんどい。
ぶっちゃけ地獄だった。死ぬかと思った。
CIMG0030.jpg
ホストファミリーのおばさんとバンドの若者たちと日本人4人組。
CIMG0027.jpg

22時くらいには解散して各自ステイ先へ。
島には基本的に電気がないみたいで街灯なんてないし、
しかも標高4000m近いこともあったし、
もちろん車とか走ってないから空気も澄んでて、
夜空がすげぇ近くて、きれいだった。
標高4000mの夜空はこれまで生きてきて一番近い夜空だった気がする。

Nazca~Cuzcoのきつかったバスから見た星空もめちゃめちゃきれいだったし、
南米入ってから改めて空のきれいさに気づかされた。
ついでに自分の星の知識のなさにも気づかされた。
星座とか分かったらもっと楽しいだろうなぁ・・・

ホストファミリーのおじいちゃん。76歳。ミシンでズボン作ってた。
がんばってつたないスペイン語で「大切なものは何ですか」って聞いてみたら
笑いながら「Familia」って。
世界どこ行ってもやっぱり大切なのは家族なんだなぁ。
CIMG9967.jpg

ホストファミリーのおばさん。かなりの体力の持ち主。ダンスパーティではこの人に振り回されてた。
CIMG0039.jpg

ホストファミリーに皆さん。すげぇ親切で、あったかかった。
おばあちゃんとおばさんの作ってくれたご飯美味かったなぁ。
CIMG0037.jpg

観光客用に衣装着たり、家を飾りつけたりとかがあんまりなくて、
のんびりとした、ありのままの生活に触れられた。
2008年でも電気のない生活、昔ながらの衣装着たりとか、こういう生活してる人いるんだ、
って衝撃的だった。
でも、1泊だけだったけど、それほど不憫も感じなかったっちゃ感じなかったなぁ。

結局家があって、最小限食べるものがあればそれでいいのかもしれないね。

げんきでなー☆
CIMG0019.jpg
スポンサーサイト
 
この記事に対するコメント
あー可愛い子(´ω`)
きゅんときちゃってついコメント~

日本はさむくなってきたよん。
文明社会に毒されてない、
心からかわいい子でしたよー☆

寒い→めっさ暑い→快適ってここ数週間の天候の移り変わりはむちゃくちゃです。
日本帰れるかなぁ・・・
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。