12< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>02

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2009

01/28

Wed

23:10:29

現状報告 

Category【 Antractica 】
南極行ってきましたー。
ここのネット屋10ペソ/horaもするくせにUSB使えないんで、写真も後々アップしまするる。

今日はウシュアイアに到着です。
これまでのルートはブエノスアイレス→モンテビデオ→フォークランド→Antractica→ウシュアイア、
明日からはウシュアイア→プントアレーナス→バルパライソ。

結構レアはフォークランドに行けました。
ちなみにフォークランドポンドのコインの絵柄、1ペニーがペンギンです。


南極クルーズも折り返してあと1週間ないくらい。
クルーズ船、英語が通じる上にがマジ豪華で最初はびびってましたが、今ではビーサンで歩き回る日々・・・
なにはともあれ、24時間無料ビュッフェは危険すぎます。
船乗って1週間で2kgくらい太った。

最近はジム行ったりサウナ行ったりタンゴ踊ったりshow見たりな生活で何とかスリムアップを図ってます。

では、また。ごきげんよう。
スポンサーサイト
 

2009

01/26

Mon

06:23:36

ココハイッタイドコノホシダロウ・・・? 

Category【 Antractica 】
魔のドレーク海峡はめっさでかくてこれまでほとんど揺れなかった船でさえぐわんぐわんに揺らした。
廊下歩いてると壁にぶつかるし、
僕らの溜り場ビュッフェでは取り皿からコップから何からよく落ちてたし、
プールとか、ざっぱーんってえらいことになってた。
クルーズ船だったから良かったけど、上陸はもっと小さな船らしいし、これキツイだろうなぁ・・・

さて、そんなドレークを一晩で越え、いよいよ南極地域へ!!
南極地域に入ると氷山(?)が。ぷかぷか。
CIMG1319.jpg
なんでこんなにすっぱりきれいに切れてんだろう??
これペンギンがいたらしいけど全く見えず。
一眼レフの望遠でズームして、それを拡大して分かる程度。
それで氷山のデカサを再認識してみたり。うー双眼鏡ケチらんで買えばよかった!

カラファテについで今回も曇りだったけれど、
もし晴れてたらこの蒼さはどれだけ美しく澄んだ青さだったろう。残念。

南極半島に近づくとペンギンたちがお出迎え。
フライングペンギン。ペンギンってイルカみたいにはねるの知ってた??
CIMG1427.jpg

そんなこんなで、今回は南緯64度まで南下しました。
南極半島沿岸をウロウロと、以下のルートで。
Elephant island~Esperanza Station~Admiralty Bay~Neumayer Channel~Deception Island 。
「真っ白な大陸」って言葉にするのは簡単だけど、実際に目にすると、
一瞬で違う惑星にいた。別世界。

百聞は一見に如かずといいますが、こんな感じでした。
結構多いんで、気長にどうぞ。

氷河。カラファテもそうだったけど、本当に川のように流れてるみたい。
CIMG1325.jpg
カラファテみたいなヤツがごろごろと。ここまで来ると同じ氷河でも感じ方は全く違う。
CIMG1335.jpg
一面氷(雪?)に覆われてて真っ白。
CIMG1374.jpg
空と大陸の色がほぼ一緒。ってか雲低いなぁ。
CIMG1375.jpg
ぷかぷか。これ見た目以上に存在感あります。
CIMG1378_20090225192324.jpg
天気はずっとこんな感じだったけど、そのせいかむしろ神秘的な感じがした。
CIMG1384.jpg
雲が低いし、波も全くと言っていいほどない。ドレークの荒波はどこいった???
CIMG1390.jpg
波はないわりに風はびゅうびゅう吹いてます。体感温度はすげぇ低いです。
CIMG1407.jpg
波がなく、完璧といえるほど鏡になった海。
CIMG1410.jpg
鏡2。曇りだったけどそれが幸いしたのかなぁ。
CIMG1409.jpg
ザ・南極!実際見てると後ろの山の距離感が麻痺します。
CIMG1411.jpg
氷の大陸とはよく言ったもんだね。
CIMG1414.jpg
晴れてみると一面真っ白。目が痛いどころか日焼けした。流氷(?)の線見たいのも見える。
CIMG1421.jpg
晴れると黒と白のコントラストが際立つ。
CIMG1437.jpg
絵画みたい。本当にこういうところがあるんだ・・・
CIMG1466.jpg

写真はキレイな撮り方わからんかったし、というかむしろミスってたのでかなり暗めになってます。
カメラ向けてると目が痛くなってくることもあったし、EVシフトをかなり落として撮っちゃってました。
あーもったいない。本当はサングラスがないとキツイくらいもっと真っ白です。
ウユニにいったことある人なら分かってくれるかねぇ。


平均温度は2℃とかで実際そんなに寒くはないけど、強風が吹いててずっとデッキにはいれなかった。
はじめてこの大陸を見つけた人は感動しただろうし、圧倒されただろうなぁ。

写真では南極の魅力はこれっぽっちも通じないと思うけれど、
あの寒さのなかで、一面に広がる真っ白な大陸を見ると、
本当に同じ地球上にいるのかさえ疑わしくなる。
南極といっても「氷と雪に閉ざされた大陸」って漠然としたイメージしかないと思うけれど、
氷と雪にあれだけ、圧倒的なまでの存在感があったなんて。

目の前に広がるモノを見ていると、「キレイ!」とか「fantastic!」とか「amaging!」とか「wonderful!」とか、
どんな最上級の言葉を使っても表しきれない感情が、
例えば鳥肌が立ったり、ただ息を呑んだり、溜め息がでたりという形で、
そういう全てを超越したモノが込み上げてきた。




タイセツなこと。

それは、感じること、それで充分。
 

2009

01/21

Wed

06:16:04

豪華客船クルーズ 

Category【 Antractica 】
ウシュアイアで会ったみなさんに誘われて参加した南極クルーズ(上陸なし)。
Princess Crusesってアメリカの会社のクルーズで、スケジュールはコチラのサイトの下から2つ目、
「2009年1月17日/2月14日出発 スター・プリンセス フォークランドと南極半島 17日間」
ってヤツです。
船の概要はコチラ

昔、家族で北海道旅行に行くときに仙台~苫小牧をフェリーでいったんですが、
そのときに船酔いでずっとローゲー吐いてたのでちょっと怖かったですが、
とにかくデカイ船でそげん揺れん、って話きいて行く事にしました。
安かったしね。
円高のおかげもあり、クルーズ料金は10万円しないくらい。


船のイベントに関してはまたのちほど。


ブエノスを出港してからモンテビデオに寄って南下、イギリス領フォークランド諸島のStanleyに上陸。
アルゼンチンからは行けないところで、チリから飛ぶにしても結構高くつくし、
多分これがなかったら一生行かなかっただろうかなりレアな土地。

イギリス領だけあって雰囲気もイギリスっぽい。
CIMG1243.jpg

ペンギンとか見れたらしいけど、もうウシュアイアで見てるし、
そんなに興味もわかなかったから散歩してみた。
イギリス領だけあって街並みはイギリスっぽい。
赤い電話ボックス。
CIMG1277.jpg

ここの通貨はフォークランドポンドで、貨幣価値はイギリスポンドとイコール。高すぎです。
ちなみにフォークランドポンド、裏面の絵がオリジナルで、けっこう可愛い。

木と石造りの教会があって結構きれいだった。
CIMG1245.jpg
ステンドグラス1。こんな大西洋の孤島にも立派なもんがあるんねぇ。
CIMG1251.jpg
ステンドグラス2。
CIMG1248.jpg
やっぱり木ってあったかくていーね☆


フォークランド紛争の記念碑。すごくのどかなこの島を奪い合った戦争があったのって信じられない。
CIMG1257.jpg
クルーズの人はけっこう参拝(?)してた。
CIMG1272.jpg
フォークランド紛争のときに使ったやつなのかなぁ??
こーゆーのが普通に街においてるのってどーなんだろう?
CIMG1275.jpg

フォークランドのお土産屋にて。日本語発見!!!!
CIMG1279.jpg

このあとは一気にドレーク海峡を越えて南極エリアに突入です。
魔のドレーク海峡、今回一緒のYすけさん(元船乗り)曰く、「怒涛やー!!!」らしいです。

・・・大丈夫かしら。汗
 

2009

01/17

Sat

06:36:16

Antarctica 

Category【 Argentina 】
急ですが、南極クルーズに行くことにしました。

17日間の豪華客船の旅。
クルーズ代はUS$1000ちょい。


ブエノスアイレスから南極経由でサンチアゴまで。
上陸はできないけど、4日くらい南極近くにいるみたいです。

ちなみに、なんとドレスコード有りです。
この旅でスーツを買うことになろうとは。
夕飯はコース料理らしく、ドレスコード守ってないとレストランにすら入れてくれないとか。


おかげさまでイースターが消えかけてます。
どーしよう。

・・・とりあえず、セレブ生活満喫してきます。
ではでは。
 

2009

01/14

Wed

10:47:04

氷河のー上をー歩いてー見ましたー。 

Category【 Argentina 】
Ushuaiaから一気に北上して、El Calafate滞在中です。

今日はBig Iceツアーに行ってきました。
おそらくこの街に来る人はほとんどがこれ目的だろう、Perito Moreno氷河のトレッキング。
ツアー代は520ペソ+国立公園入場料60ペソ。いと高し。
内容は展望台で30分氷河を眺めた後トレッキング。ひたすら歩く。

Perito moreno氷河。
CIMG1033.jpg
手前に木があって分かりづらいけど、先端で50~55m、見えている奥行きが14km(!!)あるらしい。
でかすぎて、知覚レベルを超えてた。
うーむ・・・雄大だなぁ。
そして、氷河特有のこの蒼さ。
ただ氷の密度が高いだけなのになんでこんな色になるんだろう??

この氷河は、全層に渡って0度以上と温度が高い氷河で涵養が活発で、
崩落が見れることでも有名らしいけど、30分じゃ大崩落は見れなかった。ざむねむ。
ただ、涵養が活発なだけあって、ここでは稲妻が走るようなバリバリバリって乾いた音が鳴り響いてた。

フェリーで氷河側に渡ってトレッキング開始。
CIMG1074.jpg
CIMG1076.jpg
この日は天気が悪くて雨降ったりだったけど、晴れてたらこの蒼さがもっときれいなんだろうなぁ。

ミニトレッキングする人々。人ちっちゃ!!
CIMG1082.jpg
人がゴミのようだ!!(byムスカ)

途中アイゼンを受け取ってひたすら歩く。
氷河の上にたどり着くまでは軽い登山。

氷河の近くにも花は咲くんだね。
CIMG1091.jpg

アイゼン装着。歩き方の講習を軽く受けて、いよいよ氷河の上へ!!
CIMG1095.jpg
アイゼンってすごいよね。氷河の上でも全然滑らん。
つか、意外に氷河って汚いのね。トレッキングしてるのも原因の一つだろうけど。

こんな穴やクレバスがたくさん。底が見えない・・・
驚きの蒼さ。やっぱり写真だと若干色が違うなぁ。
CIMG1100.jpg
なんだか吸い込まれそうで逆に怖かった。
CIMG1106.jpg

氷河の上は曇りといえどもかなりまぶしかったこともあって、
EVシフトをマイナスで撮ってたからすげぇ暗くなってもーた。
誰か写真の撮り方教えてください。
CIMG1149.jpg
River on Ice。普通に飲めます。キンキンだし、かき氷の味がする水。
トレッキングで火照った身体にはひとときの清涼を。
CIMG1114.jpg

川がかなり流れてて、そういうのが集まってこういうラグーンがたくさん。
(ちなみに氷河は見る分にはここまで汚くはない)
CIMG1156.jpg

天気が崩れて雨がぱらつきだしたり、強風が吹き出したりで結構ハードだった。
奥の山では雪。寒かったぁ。
CIMG1137.jpg

5時間近く歩いたので帰りはみんな疲れ切って無言に。
結構きついけれど、あの蒼さは実際に見てみないとあの感動は伝わらないだろうなぁ。

600ペソ、200米ドル近いけれど、かなりよかった。オススメです。
 

2009

01/12

Mon

21:18:26

上野大学 

Category【 Argentina 】
ウシュアイアでお世話になった宿は上野山荘
旅してて何度も耳にしたこの宿は、100年以上昔のドラム缶を使った風呂があったり、
NHKが見れたり、なんだかほっとする宿で、久方ぶりにゆっくりと滞在してました。

ここは、南米最南端のこの町にお隅の86歳の日本人移民の綾子さんが切り盛りする宿で、
何度かテレビでも紹介されてることもあり、もしかするとウシュアイアでも1,2を争う観光名所(?)かもしれない。

40年前に今は亡きおじいさんとアルゼンチンに移住してきて、
ブエノスアイレスから転々と移動して最終的にこの街にたどり着いたらしい。

40歳を越えてからの移住って、普通出来ないわな。

綾子さんには何度かお話を伺うことができたけれど、
戦前戦後の日本の話、おじいさんとの出会いや、
移住を決めた経緯、アルゼンチン移住当時の話・・・etc、
興味深いお話が多く、勉強させていただきました。

話してて感じたのは、綾子さんのつよさ、掛け値なしのやさしや、思いやり。

こんなにおっきな人ってなかなかお目にかかれないよなぁ。
戦前の人ってみんなこうなのかなぁ?
ここを上野大学と呼ぶ人もいるらしいけれど、今どきの学校じゃ学べないことを多く学べた気がします。

バスチケットの予約が取れなかったこともあったけれど、
久しぶりにここの宿から動きたくないなぁ、ってしみじみとしたり。

ドラム缶風呂。
CIMG0930.jpg
久々、と言うか、日本出て初めて湯船につかった。気持ちよすぎる。
このドラム缶、よく見ると形が丸っこいけど、もらって来た時点で100年以上前のヤツだったらしい。


飼い犬のトゥルーチャ。
CIMG0917.jpg
とにかく人懐っこくて、頭もいいし、めちゃめちゃ可愛い!!
よく散歩行ってました。
CIMG0922.jpg
ねっころがってる所をなでてやるとこんなポーズとります。
女の子なのにはしたない。笑


ゆっくりと充電できたし、この後の旅も頑張ろう。

CIMG0903.jpg

ありがとうございましたm(__)m
 

2009

01/06

Tue

05:24:40

飛べない鳥は・・・ 

Category【 Argentina 】
今日は、連日のダハブゲームのせいで若干眠い目をこすりながらもツアーに行ってきました。

ウシュアイアは、南緯55度に位置する世界最南端の街で、南極からはわずかに1000km。
と、いうことで、ウシュアイアが面するビーグル水道にペンギンの営巣地があります。
その島に上陸しよう、ってツアーです。

正直なところ、行くまではそんなにペンギンとか興味なかったんですが。
行ってみたら行って良かったわー!って思えるツアーでした。

ツアー内容はバスで移動して上陸して営巣地をまわったあと、
ビーバーの住んでる(らしい)池と斜めの木によって帰ってくる、って感じです。


天気が悪く、雨が降ったりしてて結構寒かったけど、癒されました。

さて、写真を見てもらえれば言葉はいらないかなぁと思います。ペンギン達です。

上陸地。P・E・N・G・U・I・N!!!!!
CIMG0824.jpg
結構、というよりかなり臭い。ハムスターのような魚のような・・・

そっちになにがあるんだろ?
CIMG0834.jpg

仁王立ち。
CIMG0842.jpg
ちなみに、遊歩道(?)のど真ん中です。しばらく進めなかった。

かくれんぼ。
CIMG0851.jpg

コロニー。赤ん坊もいて、鳴き声がなんかかわいい。
CIMG0854.jpg

ぬいぐるみみたい。ぎゅーってしたい!!!
CIMG0861.jpg

全力疾走中。腕がパタパタ。飛びたいのかなぁ??
CIMG0871.jpg

1年前くらい(?)に大学の人たちと飲んでて、1人ペンギンについてアツく語ってる人がいて、
そん時はそんなかわいいんかなぁーとか思ってましたが。

僕が間違ってました。


かわいいです。


K・A・W・A・I・I!!!!death。

・・・臭いだけは何とかして欲しいけれど。


冷たいからか分からないけど、海に顔だけ突っ込んで戻ってくるヤツがいたり、
赤ちゃんは親の後ろか足元に隠れてたりするし、
意外にも近づくと威嚇してくるヤツがいたり・・・

ペンギンは世界を平和にします。


muchas bonito!!!!!!!


P.S.最後に立ち寄った斜めの木。
CIMG0890.jpg
パタゴニアは南極に近いこともあって風がハンパなく強くて、
しかも一方から吹き続けるらしく、こんな生え方をするらしい。
・・・って言われると「そーなんだ」って思うけど、何十年もかかって生える木がこんな生え方するってすごくね?
木の幹、地面にめり込んじゃってるしね。
CIMG0886_20090225182453.jpg
ガイドさんはFlag treeって呼んでたけど、外人はみんな興味なさそうだった。
ちゅーか天気が悪すぎた。
 

2009

01/04

Sun

02:21:15

世界の果てへ 

Category【 Argentina 】
1月1日、ブエノスを出発して一路ウシュアイアへ。
およそ3000kmをバスで一気に突っ切ります。予定では46時間くらい。
・・・今までもそうだったけど、アルゼンチンて街と街の距離がでかすぎる。汗
そしてパンパは壮大すぎる。風情もへったくれもあったもんじゃない。
車窓から見える風景が全く変わらないまま3日間バスに缶詰でした。

リオガジェゴスからウシュアイアへは、2回フロンティアを越えると言う意味不明さ。
トランジットなんだからフリーパスにしてくれてもよくね?
おかげですでにパスポートにはアルゼンチンの入国スタンプが4つほど。

どんだけアルゼンチン好きなんだよ。

しかもバスがエンジントラブル起こしてウシュアイア到着はAM2時(予定では前日18時とか)。
8時間後には上野山荘に移る予定だったし、
セントロの宿で「せめて半日分」ってお願いしても負けてくれず。
50ペソは高すぎる!ってことで、やっちゃいました。

野宿。

今年入ってバスで2泊して野宿。まだベットにありつけません。笑
あまりの寒さにほとんど寝れず、警察には注意されるしで踏んだりけったり。
(警察に声かけられたときに顔がこわばって返事できんかったw)
しかも、朝3時半には明るくなってきたし。

ウシュアイアでは、Fin del Mundo(世界の果て)で上野山荘(上野大学/上野亭)に留学です。
さてどんな日々が待ってるのかねぇ。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。