09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008

10/25

Sat

07:27:20

新大陸!! 

Category【 Peru 】
7ヶ月かかったけれど、ようやく南米!!
CIMG8807.jpg
マドリッドから12時間、Limaはアジアのような喧騒と混沌にあふれる活気溢れる街。

CIMG8822.jpg
建物もいい雰囲気。


ヨーロッパに3ヶ月居てだったし、何より物価安い!!!
軽食のスナックとかs/0.6。15円くらい?

とりあえずヨーロッパの疲れ抜いてから動こうと思って、
ひたすら食べ歩きしてました。。。
おなかいっぱい食べれるってスバラシイ☆

南米は海鮮系が美味し。セビッチェ。
CIMG8793.jpg
牛肉と野菜の炒めもの的なもの。美味かった。
CIMG8815.jpg
こてっちゃんが屋台で売られてた。
CIMG8812.jpg
「SOBA」。うどんの大盛がそばってゆーらしい。
CIMG8870.jpg

なんかたまたま宿の近くでコンサートやってた。
ものすごい人だかり!!
CIMG8850.jpg
花火もあがってた。
CIMG8840.jpg

南米は治安がやっぱり良くないぽくて、
近くの公園では装甲車が警備中。
CIMG8803.jpg
でもポリス(?)の人たちめっちゃいい人。

巨大十字架。だけどこの麓はスラム街。
CIMG8809.jpg



とりあえず次の目的地はキト。
インドでお会いしてたヒロトさんもちょうどキトにいらっしゃるらしいので、
ボーダーの治安がかなり悪いみたいですが、とりあえず行ってきます。

赤道跨いできますぜ。
スポンサーサイト
 

2008

10/21

Tue

00:50:31

大惨事 

Category【 Portugal 】
ヨーロッパで最後のキャンプ。
なんだかすごく疲れてたみたいで、気づいたら寝てた。

早朝、なんか違和感が…

煙、くさい。


頭のすぐ脇で寝袋が炎上してた。


?!?!?!?!?!?!?!


人間、緊急事態になると意外に適切な処置をするもので、
すぐにテントから寝袋を放り投げ、火がついてた本とカメラケースを消火。

被害は、
・バックパック(右側のストラップ(?)が焼ききれた)
・カメラケース(カメラは無事)
・寝袋(頭の部分が焼失。テントの中が毛まみれに)
・テント(でかい穴が開いた)
・本(表紙および数ページ焼失)
・溶けた寝袋がテントや荷物に付着して汚れまみれに
etc...

もう散々です。
とりあえずこの日はリスボン観光しようと思ってたけど15時くらいまで頭痛いし片付け手間取ったりで、特に何もできませんでした。


テントの中でろうそくを使うのはダメ!ゼッタイ!!

CIMG8748_20081029130307.jpg


とりあえず南米飛びまーす。
 

2008

10/20

Mon

23:46:39

Cabo da Roca 

Category【 Portugal 】
ユーラシア大陸最西端、Cabo da Roca(ロカ岬)。

「ここに地果て、海はじまる」
CIMG8699.jpg






コノヒカリノミチノサキニハナニガアルンダロウ?
CIMG8696.jpg




久しぶりに写真に写ってました。近影↓
CIMG8690_20081025003935.jpg
 

2008

10/10

Fri

17:39:23

ドイツ郵便事情 

Category【 Germany 】
ロンドンから、再びドイツ、Dusserdolf。

いろいろとあって、ドイツにEMSで荷物を送ってもらったんですが、
受け取りの際の出来事。


まず、なぜかFrankfurtの税関で1週間とまりました。
EMSなのに。すでに速達としてはダメだよね。
というか配達まで10日以上かかってるってどういうこと??


追跡してて、発送されて不在持ち帰りになってたのを確認して郵便局へ。
こっちは英語、向こうはドイツ語とチョットの英語です。

まず、あるはずと思われる郵便局に行き、聞いてみた。
なぜか番号がDHL(ドイツでは小包はDHLによって配達されます)の番号じゃないと言われ、
調べてくれもしない。

いや、DHLのホームページでは、その番号で追跡できるんですけどね。

まぁとりあえず調べてくれ、と頼み込んでもダメ。
ダメというか話にならない。英語話せる人とかわってくれ、っていってもダメ。
もうなんか言うごとにNein(=No)、と言われる。
なぜに??
しまいには郵便局員がキレて、Fuckと言う捨て台詞と共に窓口をクローズされる。

意味が、わから、ない。


どうしようもないので、とりあえずDusseldorfの郵便局へ。
トラムで20分くらいしか離れてないしなんとかなるだろー、と思って行ってみたんですが、
住所がノイスだからここにはない!と、
「1+1=2だ!」ってな具合の、有無を言わさないような感じで言われる。
もしかしたらと思って郵便局にはないの?と聞いたら、

「分からない」

・・・分からないじゃねーよ調べろよ!!

とても丁寧に、丁寧に、頼み込んでもNeinとしか答はかえってこなくて、
結局ため息をつかれ、窓口をクローズされてしまったので、
その辺の人に頼んで通訳してもらい再トライ!!

・・・あっさり調べてくれた。

どうにも税関にあるらしい。ここで通訳の人が時間ないらしくお別れ。
で、1対1になってから税関がどこにあるのか教えて、と聞いてみると、

「分からない」

・・・でた!!!

お前の仕事だろ?!何で調べないんだ!!

ツーリストインフォに言って通訳頼んでようやく聞き出せた。

税関行ってもレター(不在通知書みたいなの)が無いとピックアップできないよ、と言われる。
今回そのレターが送り先に来てなかったのが問題なんだけど、
本人が来てパスポートで身分証明もしてるのになんでダメなんだ!
みたいな事を通訳してもらってようやくピックアップできました。


と、いうわけで。

ドイツ、旅する分には親切な国なんだけど、
郵便局はカスです。
ホントにダメ。
ドイツ語喋れないと相手にされない。
生まれて初めて郵便局員にFuckと言われた金曜日でした。
疲れた。。。


結論。郵便はドイツに送るのだけはやめましょう。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。