08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008

09/28

Sun

18:25:30

大英帝国の明暗 

Category【 England 】
アイラ島からCampbeltownを通って、GlasgowからLondonへ。
そのバスの車内がうるさいことうるさいこと。

iPodでがんがん音楽ならすわ、電話はひっきりなしに誰か通話してるわ・・・
多分コレが普通なんだろうけど、凄い違和感があった。

さて、何はともあれLondonです。
ビックベン。
CIMG8225.jpg
正直、アイラ島から行くと、ダメダメです。
急ぎ足で歩く人々、冷たい人々、大声で話し合う人々・・・
いや、多分普通なことだろうし、否定は出来ないと思うけど、
アイラ島滞在が濃密すぎて、なんかしっくり来なかった。
イギリスのど田舎から世界有数の大都市へ。
夏目漱石がLondonに留学して精神を病んで帰国せざるを得なくなった理由が分かる気がした。

まぁかといって文句ばっかり言っても始まらないので、
散歩がてらウェストミンスター寺院とか大英博物館とか、ピカデリーサーカスにリーゼント通りとか行ってみた。
大英博物館。
CIMG8234.jpg
リーゼント。
CIMG8260.jpg

イギリス、大英博物館を無料で公開しちゃうんだもんなぁ。
素晴らしい☆
・・・けどいかんせんでかすぎる!!
なんか一個一個凄いんだろうけど、正直それよりも「良くこんだけ集めたなぁ」ってのが実感でした。
CIMG8244.jpg


そういえば、僕はScotlandで両替したんだけど、
なんかScotlandの紙幣はEnglandでは凄い渋い顔をされるか断られました・・・

U.K.で一つの国じゃねーの??

まぁそんなこともあったロンドン、2泊で切り上げて再びドイツへ。
そろそろヨーロッパも終わり見えてきた!!

道端で。かなり本気で作ってた。
CIMG8258.jpg

ジャパセンで売ってた雑誌。なんか・・・ねぇ。
CIMG8262.jpg
スポンサーサイト
 

2008

09/27

Sat

21:40:49

気がつけば9月も終わるね。 

Category【 その他 】
お久しぶりです。
8月終わりから、スペイン→フランス→ドイツ→スウェーデン→フィンランド→イギリスと動いてました。
そして気づけば旅にでて半年過ぎちゃいましたね。
そんなわけで今はロンドンです。


真夏から初冬までなかなかの気温差に耐えられず、
服だガスだ鍋だといろいろと持ち物が増えて荷物はオーバーサイズにオーバーウエイト・・・


とりあえずこの1ヶ月の日記ちらほら更新してます↓
暇な人は読んでみると良いと思うよ。

追記1>スウェーデン、フィンランド更新しました。
追記2>Finland,Estonia更新しました。
 

2008

09/26

Fri

06:44:24

美ら島生活 

Category【 Scotland 】
今回の旅で最初から絶対行こうと決めてた目的地のひとつ、Isle of Islay。
この島にあるDistilleryが世界的に有名。
要は僕が一番好きなお酒の産地です。

Glasgowから5時間バスに揺られ、
CIMG7524.jpg
フェリーに2時間揺られ、
CIMG7549.jpg

CIMG7567.jpg
行ってきました。


一番大きな町のBowmoreでさえ、1~2時間歩けば端から端まで行けちゃうような、
こじんまりした集落が島のあちこちに点在してて、人口は全部で3000人くらい。

CIMG7587.jpg
10km真っ直ぐな道。

CIMG7590.jpg
交通は普通のバスと郵便局のバスが走ってる。

島は牧草地が広がっていて、羊から牛からアザラシからいろんな動物が。
CIMG7700.jpg

CIMG7877.jpg
ねっころがったままずーっと草食ってた。
CIMG7868.jpg
朝陽に立つ2頭の牛。
CIMG7772.jpg


この島では海辺でキャンプしてみた。
CIMG7953.jpg


滞在中はほぼ快晴で(普通は天気がしょっちゅう変わるらしい。島の人にも「ラッキーだな!!」ってスゴイ言われた)、蒸留所回ったり、ぷらぷら散歩したり、羊のケツ追っかけてみたり…

散歩してるとしょっちゅう車から「乗ってくか?」ってお誘い受けるし、
対向車がくれば笑顔で手を上げて挨拶するし、
なんだかすごくあったかかった。

夜になればBarでWhiskeyを飲み、
テントに戻れば満天の星空を眺めてみたり。
海辺で仰ぎ見る満天の空は一段と格別。
インドの砂漠で見たものよりも、もっとキレイだと思った。
多分、多くの笑顔と命に囲まれた中での星空だったから。

<アイラ島の風景>
カントリーロード。
CIMG7689.jpg

CIMG7770.jpg
本当にこういう風景があちこちにあった。
CIMG7863.jpg

CIMG7942.jpg
海沿いに建つArdbeg Distillery。
CIMG7847.jpg
湾の朝焼け。
CIMG7750.jpg
電話ボックス。
CIMG7856.jpg

この島には絵葉書のような美しい自然と、心からの親切と、心からの笑顔が満ち溢れてた。
Whiskeyのことしか知らなかったけれど、
本当に来て良かった。この旅で一番のアタリだった。

スピードや、お金ばかりが重視される現代社会でも、こういうところがまだあるんだね。
何があろうとここだけは今のままでいて欲しい。

将来、いつの日かここにまたこれますように・・・
 

2008

09/19

Fri

18:20:22

等身大。 

Category【 Scotland 】
ヘルシンキから向かった先はイギリス。
ヒースローから一路Scotlandへ。

車窓からは神々しい風景が。
CIMG7348.jpg

途中乗換えで立ち寄ったBirminghamのマックにて。
CIMG7354.jpg

ありすぎだと思う。


GlasgowについてからEdinburghへ。
CIMG7440.jpg←ロイヤルマイル

EdinburghはScotlandの昔ながらの首都だけあって古い街並みがあって、
しかも「生きてる」街で、すごく居心地が良かった。
Edinburgh城。
CIMG7508.jpg
バグパイパーがいたり。
CIMG7400.jpg
良い感じの路地があったり。
CIMG7441.jpg

CIMG7507.jpg

CIMG7439.jpg


泊まったユースでは、留学生でまだ家見つけてない人らがわんさかいて、
泥酔したスペイン人が部屋の中で小便したり、
仲良くなったフランス人に飲みに行こうと言われ夜11時から2時間さ迷ったり、
ロシア人のオッちゃんを「きっとヤツはロシアの秘密警察だ!」とかって噂話したり、
久々に国際交流を楽しんでました。

建物の大きさとかで圧倒されるようなものはあまりないけれど、
その分等身大で身近な街、そんな感じだった。

街なかになぜかいたどーもくん。檻入り。
CIMG7520.jpg
 

2008

09/17

Wed

23:58:52

KAKSIKP UHENDUSの国。 

Category【 Estonia 】
ついでなのでEstoniaにもいってみた。
CIMG7307.jpg
バルト三国の一番上の国。
ちなみにバルト三国は上からあいうえお順の国名です。
(エストニア、ラトビア、リトアニア)

高校1年の時、部活で全国大会連れてってもらったときに歌ってた自由曲が
エストニアの曲だったこともあったし、ちょっと親しみのある国でした。

旧ソ連の国ってことで、ちょっとまたこれまでと違う雰囲気かなぁ、って思ってたけど,,,


タリンの旧市街はおもいっきしドイツ
南ドイツの町にいる感じ。
ビアホールみたいなの多いし、服装もドイツっぽいし・・・
中世とかにドイツの東方十字軍がきたり、
ハンザ都市同盟とかの結びつきのせいなんかね。

ちょっと予想外。

いらっしゃ〜い。
CIMG7220.jpg

焼きアーモンド屋台。旧市街にはちらほら。
CIMG7245.jpg

しっくりきててなんかキレイだった。
CIMG7251.jpg

いい感じの路地がたくさん。
CIMG7246.jpg

CIMG7284.jpg

CIMG7289.jpg

ある出勤風景。
CIMG7305.jpg

いっこうどぅ?そういえば彼は今なにしてるんだろう,,,
CIMG7311.jpg




新市街とか、かなり発展してるし。
CIMG7234.jpg
ただなんか違和感があって、よく考えてみたらすごく静かなんだよね。
大きな街って、というよりヨーロッパの街って、
だいたい夜になると酔っ払いたちが現れ始めるもんだけど、
ほとんど酒飲んでワイワイ騒いでる集団に会わなかった。


エストニアは今年の1月からユーロの導入が始まってはいるみたいですけど、
街中での通用度はほぼ0でした。

旧市街とかなら問題なく使えるけど・・・
値札とかユーロも併記されてるけど使えない。
結構もどかしい。
安いのに買えない,,,

そうそう、物価だけど、
確かにFinlandとか北欧に比べれば安い。
けど、東欧に比べれば高めだったし、そんなに安くは感じませんでした。
南欧よりちょっと安いくらい??

タリンはかなり近代的で発展してる街でびっくりしました。
ポーランドとかチェコみたいな、旧東側の国で感じた、
なんか分からないけど重い雰囲気、とかは殆ど感じなかったし。
時間なかったし両替もそんなしなかったので、1泊しかしなかったけど、
まぁいい感じの国(街?)でした。

なんかはっとした。
CIMG7293.jpg
 

2008

09/17

Wed

23:50:34

Helsinkiで見つけたモノたち 

Category【 Finland 】
北欧だけあっておしゃれな感じだけど、
気取ってばっかりじゃなくてなんか間の抜けたようなのもあったりするHelsinki。

本当に気の抜けた感じのやつはこっちも気が抜けてろくに写真取れなかったけど、
一部をちょっと載せてみます。


落書,,,じゃないよ。
CIMG7148.jpg

まだ分かる。
CIMG7147.jpg

,,,座れなくない??
CIMG7149.jpg

公園には野ウサギがいっぱい。
CIMG7163.jpg

屋内市場に貼ってあった。,,,これはFinland語なんだろうか??
CIMG7318.jpg


 

2008

09/17

Wed

05:58:45

Finlandの小学校を訪問してみた 

Category【 Finland 】
Finlandといえば、教育に関しても有名です。
と、言うことで2校ほど小学校訪問してきました。

1校目。
CIMG7125.jpg

2校目。
CIMG7194.jpg

シャツとか持ってないし、まだキレイめな服を着てアポなしで行って
見学させて欲しい、って頼んでみたら、ちょっとだけ見せてもらえました。

見学させていただいたのは、算数と国語。

FinlandはFinland語とSweden語が公用語らしく、
たまたま見れた授業は全部Sweden語。
というか、先生がSweden人でFinland語喋れないらしい。
けど、いたって普通に授業してました。
算数はずっと問題を解いて、答えあわせと、考え方の説明。

算数の教科書は厚めで、どっちかといえばドリルみたいな感じで、
問題がずらーっ載ってて、あんま解き方とかは載ってない。

驚いたのは、子供の集中力がぜんぜん切れない!!!
授業終わりの鐘が鳴ると一斉に外に遊びに出て、
始まりの鐘がなるとすぐ戻ってきて、
前の授業の範囲が終わってない子供は何事もないように続きを始めて、
終わってる子は何事もないように静かにお絵かきや自習とかしてる。

このメリハリはすごいなぁ。

国語は正直Sweden語(Finland語でもそうだけど)、何してるか全くわからん・・・
算数のときは先生が合間合間に解説してくれたから良かったけど。


まぁでもFinlandの子供たち、すごく楽しそうに勉強するんだよね。
遊んでるみたいに。
それと、分からない事とか、子供同士で教えあったりとか。

最後に職員室でいくつか質問させてもらった。
職員室といっても書類の山と机が並んでる日本のと違って、談話室みたいな部屋。


いきあたりばったりで行ったから事前準備ほとんど出来なかったし、
教育ってものからしばらく離れてたから、質問とかも少ししか出来なかったし、
今思うと正直すごいもったいなかったけど、
なんか教育システム云々より、家庭教育がすごくいいな、って思った。
教育に対する考え方が根本的に違う。

ずっと旅してて、これまではそんな考える余裕なかったけど、
教育についていろいろと考えるにはとてもいい経験でした。

授業風景。
CIMG7118.jpg

校内はこんな感じ。
CIMG7185.jpg

算数のテキスト。
CIMG7122.jpg

給食のスープ。マスタード入れて飲むらしい...
CIMG7191.jpg
 

2008

09/13

Sat

05:40:52

森の妖精を見に行ってみた。 

Category【 Finland 】
ほうぼうの呈でSwedenを抜けて次はFinland。

ムーミンのふるさと。

Finlandは小学校見に行こうとは思ってたけど、
着いたのが金曜とかだったし、ヘルシンキから1時間半くらいのところにある
ヌークシオンパー国立公園へムーミンに会いに行ってみた。

情報だと整備されたトレッキングコースがあるらしく、
夕方くらいに気軽な気持ちで行ったものの、
バスの運転手に降ろされたところは何もない雑木林。

とりあえず聞いたとおりに道路から脇に入っていくと・・・

そっこうで道がなくなる。

それでもちょっと進んでみると完璧湿地帯になっててくつがびちゃびちゃに。

さらに、来たはずの道を見失う。

そして、さまよってるうちに帰る予定だった最終のバスに乗り遅れる。


・・・という訳で、Finland着いてすぐに遭難しかけましたww

たまたま荷物全部持ってたし、
国立公園の中でテントはって夜をしのぐことに。


こんな感じのところでした。
CIMG7104.jpg


とはいえ9月半ばのFinland、キャンプするには寒すぎた。
寝袋包まっても寒くて寒くて寝れやしない。
本気で凍死を覚悟しました。

スナフキンさん、あなたすごいね・・・。

次の日、昼くらいにきのこ採りに来た地元の人に笑われながら、
何とかバス停にたどり着けました。

その人と話して得た真実。
「ヌークシオンパーはもうひとつ手前のバス停だよ!!」

教訓;知らないところには早く行こう。


ヌークシオンパー国立公園。普通に森です。
CIMG7100.jpg

CIMG7103.jpg

CIMG7102.jpg

CIMG7101.jpg
 

2008

09/12

Fri

03:16:20

晩秋 

Category【 Sweden 】
Hamburgからバスで向かった先はStockholm。
北欧の家具とか、そこそこ興味はあったし、まぁはした金もあることだし、
15時間バスとフェリーに揺られてついたStockholmは・・・



なんか、微妙。








うーん、ヨーロッパな街並みだし、きれいな街だと思うんだけど、
それだけ。
でも夕やけはきれいだったなぁ。
CIMG7039.jpg


物価くそたかい!!
そして、寒い!!!!
住む分には税が還元されるからまだいいんだろうけど、
旅するには無理。
荷物になると思って夏秋くらいの服しか持ってきてなかったから、
リアル死ぬかと思った。


ボトルのリファンドがそこそこの金額になるので、
正直、その辺に捨てられてるペットボトルをスーパー持ってったり・・・

タイ以来になる(?)セブンイレブンもあったけど、
日本みたいな雰囲気じゃないし・・・

マックで一夜過ごそうとしたら追い出されるし・・・


あんまりいい思い出ないなぁ。
次はFinland!


昼くらいの気温。
CIMG7008.jpg

Stocholmで見つけた変な人たち。
CIMG7078.jpg

 

2008

09/08

Mon

19:54:35

チケン 

Category【 Germany 】
後世のために何か出来ることはないかと考え、

医療の発展のために、ドイツで治験をすることにしました。




自分の体を犠牲にしてでも後世の医療が発達してくれれば・・・


































ぶっちゃけ、お金が心もとなくなってきたので、
手っ取り早くお金稼ぎたかっただけです。汗



1週間の入院と週一の通院で4500ユーロ。





ということで健康診断のために治験会社訪れてみると、
イスタンでお会いしたヒロさんがちょうどいて、衝撃の一言。


「中止になったらしいよ」





・・・ということで、Lyonからの往復交通費と謝礼、
あわせて500ユーロ、何もせずに手に入れました。


さーてスケジュールは白紙になっちゃったしどうしようかなぁ。
 

2008

09/06

Sat

22:19:20

南仏。 

Category【 France 】
ダリ美術館を見てフランス入り。
南仏のニーム、アヴィニョンを周ってLyonへ。

ここでは高校の友人が留学しに来てるので、
こっそり寮に泊めてもらいました。

フランス人と日本人4人でフランスレストランに行くという、
ヨーロッパに入って初めての贅沢したり、
かなり楽しんでました。
フランス語って歌うみたいに喋るキレイな言葉なんだよなぁ。
喋れたら楽しいだろうに・・・と悔しい思いしたけど。
 

2008

09/04

Thu

22:57:59

えぇぇぇぇぇぇぇ...... 

Category【 France 】
カメラのファイルが開けなくなっちゃいました。


てゆーかフランス語で読めないんだけど、唯一見覚えのあるよーな単語が。







virus












おーい!!!!!
マジで?!?!?!?!







トマト祭りと最近の記事はあとでアップします....
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。