10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008

09/28

Sun

18:25:30

大英帝国の明暗 

Category【 England 】
アイラ島からCampbeltownを通って、GlasgowからLondonへ。
そのバスの車内がうるさいことうるさいこと。

iPodでがんがん音楽ならすわ、電話はひっきりなしに誰か通話してるわ・・・
多分コレが普通なんだろうけど、凄い違和感があった。

さて、何はともあれLondonです。
ビックベン。
CIMG8225.jpg
正直、アイラ島から行くと、ダメダメです。
急ぎ足で歩く人々、冷たい人々、大声で話し合う人々・・・
いや、多分普通なことだろうし、否定は出来ないと思うけど、
アイラ島滞在が濃密すぎて、なんかしっくり来なかった。
イギリスのど田舎から世界有数の大都市へ。
夏目漱石がLondonに留学して精神を病んで帰国せざるを得なくなった理由が分かる気がした。

まぁかといって文句ばっかり言っても始まらないので、
散歩がてらウェストミンスター寺院とか大英博物館とか、ピカデリーサーカスにリーゼント通りとか行ってみた。
大英博物館。
CIMG8234.jpg
リーゼント。
CIMG8260.jpg

イギリス、大英博物館を無料で公開しちゃうんだもんなぁ。
素晴らしい☆
・・・けどいかんせんでかすぎる!!
なんか一個一個凄いんだろうけど、正直それよりも「良くこんだけ集めたなぁ」ってのが実感でした。
CIMG8244.jpg


そういえば、僕はScotlandで両替したんだけど、
なんかScotlandの紙幣はEnglandでは凄い渋い顔をされるか断られました・・・

U.K.で一つの国じゃねーの??

まぁそんなこともあったロンドン、2泊で切り上げて再びドイツへ。
そろそろヨーロッパも終わり見えてきた!!

道端で。かなり本気で作ってた。
CIMG8258.jpg

ジャパセンで売ってた雑誌。なんか・・・ねぇ。
CIMG8262.jpg
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。