06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008

06/14

Sat

00:39:40

抑圧 差別 願い 

Category【 Israel 】
昨日今日とパレスチナ自治区へ行ってきました。

日本でも耳にするパレスチナ問題。
歴史をさかのぼれば、この地域では3宗教の聖地ということもあって、
昔から宗教の違いによる虐殺や報復などが延々と繰り広げられていたみたいです。
1947年にイスラエルが建国されてからは、周辺諸国を巻き込んだ形で、
先住アラブ人(パレスチナ人)とイスラエルとの間で血を血で洗う争いが繰り広げられ、
最近ではイスラエル軍による分離壁(パレスチナ自治区を囲む700kmを超える壁)が建築されています


昨日は、毎週金曜日に分離壁撤去を求めるデモを行っているBirin村ってとこ行ってきた。
この村はオリーブ生産を主産業にする小さな村。
ところが分離壁が村のオリーブ畑を分断する形で一方的に構築されたため、
村の産業は打撃を受けたことから、国際裁判に分離壁撤去を求めて訴えを起こし、昨年勝訴。
それにもかかわらず撤去を行わないイスラエル軍に対して毎週金曜日、
非暴力のデモを行い抗議活動をおこなっています。

デモはこんな感じでした。
シュプレヒコールをあげながらオリーブ畑まで歩く。
CIMG4651.jpg


分離壁周辺にて。投石と催涙ガスの応酬。
CIMG4687.jpg


催涙弾で燃えちゃったのかなぁ?
CIMG4692.jpg


催涙弾。
催涙ボム


パレスチナの旗。
パレスチナの旗


街中を歩いてオリーブ畑につくと、畑に突如現れるフェンス、銃を持った兵士たち。
感情を抑えきれない子供たちは投石をし始め、それに対して次々と投げ込まれるサウンドボム、催涙弾。
催涙弾が足元に投げ込まれたときは死ぬかと思った。
目と鼻と口にすげぇ激痛で涙止まらないし息しづらいし。
この日は外国人多かったからかゴム弾で直接狙ってはこなかった。


んで、今日は、BethlehemとHebronに。
BethlehemはHebronに行くために聖誕教会だけ回ってすぐ通過。
Hebron着いてスーク方面歩いてると、スークの上にこんなネットが。

CIMG4745.jpg

どうも上の階に住むイスラエル入植者たちが攻撃してくるのを防ぐためのネットらしい。
…けどこんな石当たったら死んじゃうだろ…

ヘブロンに住んでNGO活動してる日本人の方の口利きで建物の屋上にいけた。
イスラエル兵がここから監視してます。
CIMG4782.jpg


この街にはイスラエル人入植地があるみたいですが閑散とした感じ。
CIMG4789.jpg


ところどころ弾痕が。
弾痕



パレスチナ自治区に行くまでにあった分離壁。でけぇ。
分離壁


落書き。
CIMG4713.jpg


落書き。
CIMG4715.jpg


FREE PALESTINE
Free Palestine



今回パレスチナ自治区に行って、自分にそこまで興味がなかったからだけど、
どれだけ日本に情報が入ってこないか実際に見てみて痛感した。
実際に来てみないとわからない、空気、状況。
何もできていないけれど、
これを読んで、もし興味を持っていただけたら、どれだけ彼らの励みになるかと思います。
何より無関心でいることは悪だと痛感させられました。



もっとゆっくりしたかったけれど、物価も高いし時間も限られてるし、
これからエジプトに行きます。
スポンサーサイト
 

2008

06/10

Tue

02:06:19

聖地巡礼2 

Category【 Israel 】
〈ユダヤ教〉
離散を余儀なくされたユダヤ人たちが精神的なよりどころとした嘆きの壁。
第2神殿時代の遺構らしいけど、一定の高さよりしたが黒ずんでるのは、人々が壁にキスし続けたためらしい。

厳重な警備(2回のチェックポイントで持ち物検査とか)の先には熱心に祈りをささげる(?)敬虔なユダヤ教徒たちが。
嘆きの壁


ユダヤ教徒は祈るときに体を前後にゆすります。
そしてどこからか歌も聞こえてきます。
正直、はじめて見たせいもあるんでしょうけど、異様な雰囲気だったなぁ。

ちなみに敬虔なユダヤ教徒の髪型はすごいです。
老いも若きもこんな髪形多かった(もちろん普通の人もいますよ)
不思議な髪型

(モミアゲ伸ばしてカールさせて、後は剃る!!)


〈イスラーム〉
ムハンマドが昇天した(?)場所に立つ岩のドーム。ムスリム第3の聖地らしい。
この一体は神殿の丘って呼ばれてて、嘆きの壁のすぐ近くでもあります。
時間帯によってはその敷地内に入るのも禁止されたりしてます。
このときも一回行ったら止められて、ちょっとしてからツアーの人らのドサクサ紛れに入りました(^^;

岩のドーム。
岩のドーム

さすがに中には入れなかったけど、圧倒的に美しい青色と装飾。
さすが第3の聖地だけある。




小さな街(旧市街自体は結構小さい街なんよね)の中に、3つの宗教の聖地があるって不思議な感じ。
それぞれ方法は違うにせよ同じ神を信じて、祈る場所で、やっぱりこれまでの街の中でも荘厳な雰囲気があった。
ところどころ自動小銃持った兵士がいて、X線とか使った荷物チェックあったり、
そういうのもこの独特な雰囲気作り出してんのかな。

とりあえずエルサレム旧市街、興味深い街でした。

オリーブ山より旧市街の眺め。手前にあるのが岩のドーム。
旧市街
 

2008

06/10

Tue

01:21:10

聖地巡礼1 

Category【 Israel 】
〈キリスト教〉
エルサレムにはVia Dolorosa(悲しみの道)という巡礼ルートがあります。
キリストが、磔刑を言い渡され、自らの死へ向かい、十字架を背負い歩いた道。

約2000年前キリストが歩いた道を歩いてみました。

第1ステーションにあったルートマップ。
VIA DOLOROSA


第3ステーション。キリストが十字架の重みに耐えかね躓いたところ。
第3ステーション


第4~第9ステーションは入れなかったりよくわかんなかったけど(汗
第10ステーション以降は聖墳墓教会にあるみたいです。
磔刑に処されたところ
磔刑に処されたところ


キリストの墓
キリストの墓


このご時勢、巡礼者というより観光客がすごいいましたが、
彼らも聖墳墓教会の中ではキリストが十字架からおろされた石にすがって祈りをささげたり、涙を浮かべたり、
敬虔なクリスチャンとしての姿を見ることができました。


次に続く…
 

2008

06/09

Mon

03:17:06

約束の地へ 

Category【 Israel 】
今はイスラエルにいます。物価高すぎ…


イスラエル入国はすげぇめんどくさかった。
言ってないのにノースタンプでヨルダンを出国して、キングフセイン橋を渡り、いろいろと噂のイスラエルイミグレへ。


なんか、入国審査で2時間放置され、
その挙句パスポートにスタンプ押され(このパスポートでシリア等いくつかの国が入国不可に)、
頑張って詰め込んだバックパックを「全部出しなさい」と言われ…


でもイミグレの人すげー綺麗な人だったしまぁいっかww


その後は一路エルサレムへ!
ユダヤ人にとっては「約束の土地」「ダビデの都」
キリスト教徒にとっては「イエスが十字架に架けられた土地」
ムスリムにとっては「ムハンマドが昇天した土地」

歴史を学んでる身としては行かなければならない土地ですよねー。

全然情報ないし、旧市街入り組みすぎてて良く分かんないですが(^^:

何日かしたら早めにエジプト抜けようかなぁ…
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。