09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11

It's a Small World!!!

気のおもむくままに世界一周してみた「旅」好き大学生のブログです☆★

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2010

03/31

Wed

20:00:56

「旅」考 

Category【 thinking 】
気がつけば学生生活も終わり、明日からは社会人です。

旅とかしばらく出来なくなるなぁ。。。
ということで、自分なりに「旅」について考えてみよう。
まぁ、言っちゃえばひとり言だよね。汗


自分は教育学部だったし、将来先生になるの考えたとき、
ぼんやりとだけど「学校とか勉強とかしか知らない先生になりたくない!」って思った。
だって、子供たちが大人になったときに先生とか教育系に進むなんてほんの一握りじゃん?

それで、少しでもいろんな社会を体験したくて旅に出るようになって。

旅って、いろんなトコ行ってものを見るのも否定は出来ないけれど、
特に人が作ったようなものって結局どこにいても見れちゃうんだよね。
例えば世界遺産とか、DVDのがすごいきれいに見えちゃうし。

でも実際そこで「生活してる人」がたくさんいる訳で。

自分にとって「旅」は、やっぱりいろんな出会いが全てだと思う。
日本にいたら、働いてたら、会う機会のなかった人に巡り会える。
これって当たり前なんだけど、よく考えたらすごいことじゃない??

たまたま同じ時期に、世界(日本)の中からそこを選んで、同じ時間に同じ場所にいた。

たまたまって言っちゃえばそれまでだけど、すごい偶然だし、
きっと(自分は無神論者だけど)「神様が自分に何か学ばせる為に引き合わせてくれたのかなぁ」
なんて考えるようになった。

いい出会いだけじゃなくて悪い出会いだってあったけど、
相手には相手の哲学があるんだろうし、それは否定できないもんね。
相手は自分じゃないんだし、それを変えようとするなんておこがましい。
だったら、なんでそういう風に考えるんだろうとかって考えてた方が自分のためになると思う。


なにより、「同じ場所に行った」のは何万人もいる中で、
たまたま出会って繋がった縁が、今の、これからのボクの財産で、全てになってくと思う。


今は情報なんてすぐに手に入るけど、
文字の羅列やただの映像みて知ったつもりになってる人って結構いるんじゃないかなぁ。
でも実際はその雰囲気が頭の中のイメージと違ったり、
情報そのものが偏ってたりして、
実際に自分で見るのってすごい大切なことだと思う。
しかも、そうやって体験したことは絶対に忘れない。

・・・うまく言えないんだけどそんな意味で、
大学のときに旅してきたことは本当に大きかった。









最後に。
普通の大学生がいろいろ旅するなんて、特に経済的には結構厳しかったです。
友達との遊びとか、大学生活も満喫してだったし。
(まぁ、自力でバイトしてきてた人がいたから自分は怠惰だったんだろうけど。)

ということで。
このご時世にもかかわらず、フラフラしてる馬鹿息子に多大な援助をくれた
父、母をはじめ、家族のみんなにはどんなに感謝してもしきれません。
せっかくさせてもらった貴重な経験、社会に還元してくのが一番のお礼になるかなぁ・・・









本当に











本当に、ありがとう。
スポンサーサイト
 

2010

03/01

Mon

12:17:36

海とジンベエとビールと私。・・・そして旅が終わる・・・ 

Category【 Thailand 】
2年ぶりタイランド!!
っても今回は世界旅中に勧められたKoh Taoでのダイビングが目的なので、
バンコク着いてすぐに夜行バスとフェリーのジョイントチケット(650バーツ)購入。

購入後時間合ったんでカオサンぷらついたんけど、やっぱりタイってご飯うまいわ!!
ミャンマーのアブラギッシュなご飯にやられてた胃腸にはたまりません。
みかんジュースもね、んまし☆
つか、2年しか経ってないけど随分カオサンも変わった気がする。
こんなきれいだったっけ???

・・・ま、いっか。


タオ島に昼前について向かった先は「Buddha View Dive Resort」。
潜るのは安全性とか嗜好考えればやっぱり日本人インストラクターがいるところがいぃと思う。
で、いろいろと申し込んでその午後からダイビング!!

潜るのはガラパゴス以来、実に1年数ヶ月ぶりってことで最初はちょっとドキドキ。
マスククリアに中性浮力の取り方とか大丈夫かなぁ思ったけど、
リフレッシュで潜ってみると意外に身体って覚えてるもんですね☆

今回タオ島が4日間と時間もなかったんで、のんびりもしたかったしダイビングは計6本。
潜ったポイントは
TWINS
BANGO BAY
CHUMPHON PINNACLE   の3ポイント。
6本潜ると700B/本なので計4200B。安いねっ!

タオ島といえばジンベエらしく、一応見れました。
697_3.jpgタオ島ログ》2月26日の記事より写真いただきました!
・・・ってもこんな立派に見れてないけど汗
もっと遠~くの方で優雅に泳いでるのちょっと見ただけデス。
近づきたかったけど、最後の方でもう上がって来ちゃってたんで遠くからで我慢せざるを得ず。
見れただけマシだけど、相変わらず何てタイミング悪いんだ!泣


ジンベエもだけど、タオ島の海は魚群ヤバイね!!!
まだ3ヶ所(ダハブ、ガラパゴスとここ)しか潜ったことないけど、
こんだけの種類の魚があんだけ群れてたのはずば抜けてる。
防水ケース買わなかったのホント失敗・・・

風景(サンゴ)とか透明度でいったらダハブ、デカイ生きものだったらガラパゴス、
魚だったらタオ島みたいな感じ??がする。。。

ところでダイビングって、魚見るのももちろん面白いんだけど、
なんだろ、360°自由に動き回れるのも魅力の一つだと思うんよ。
個人的には、水中から日の差し込む方向を見上げるのとか、好きです。

タオ島では午前中ダイビング→ビール→昼寝→ビール→夕飯=飲みって毎日。
なんて贅沢な暮らしwwww
Buddha Viewのインストラクター陣がまたおもしろい人達で。
team Japan、最高でした☆★
疲れも取れたし、精神的にリフレッシュ(もともとそんなあれだけど汗)出来たし。
またいつかのんびりしに行こう♪


ところで、BEGINの一五一会ver.聴きながらぼんやり夕陽見てたら、
「あぁ、学生生活が終わるんだなぁ」って何となく思って。
今回の旅が終われば、多分しばらく旅に出れなくなるだろーし。
すげぇ幸せなんだけど、なんか淋しくなった。。。
 

2010

02/25

Thu

16:03:40

エーヤワディ川の夕陽 

Category【 Myanmar 】
インレー湖から世界三大仏跡のひとつ、Baganへ。
バスで移動ですが、朝5時ピックアップのローカルバス。
普通のバスだし道も悪くすげぇ揺れます。景色は日本みたいなんだけどね。
CIMG2131.jpg
おなか周りの肉がとれた気がするww

10ドルの入域料(高すぎ!!!ふざけんな軍事政権め!!!!)払ってBagan観光の拠点Naung-Oの街へ。
栃木県のチャリ借りて(1000チャット/日)ドライブです。
CIMG2183.jpg

Baganの風景。ミャンマーの人に道端のバコタ登らせてもらった。
CIMG2200.jpgCIMG2202.jpg

正直、薄々感じてはいたことなんだけど。
俺、遺跡ってそんなに興味ない・・・ってこと再確認させられました汗
確かに遺跡見て思うこともあるけど、
なんだろう、それよりも人とのかかわり合いの方が100倍面白いと思うのです。

とゆーことで、1回見に行ってあとはだらだらチョウチョウさんと話したり、
街でだらだら人間観察してました。
牛車はやっぱり現役。なごみます。          働く女性たち。
CIMG2220.jpgCIMG2229.jpg

夕方からは夕陽を見にエーヤワディ川へ。寺院の裏手のスラム的なところ抜けてきます。
CIMG2164.jpgCIMG2275.jpg

エーヤワディ川のほとりには井戸が。川の水はダメらしく、みんな水汲みに来てた。
CIMG2165.jpgCIMG2267.jpg
川で洗濯&水浴び。
CIMG2266.jpg

年頃の女の子に「シャンプーちょーだい!」って言われた時、なんだかちょっと悲しい気持ちになった・・・
子どもたちはカメラに大はしゃぎでした。
CIMG2250.jpg
真ん中の子とか、どことなく日本人に似てない??

で、水汲み手伝ったり遊んだりしてるうちに日が沈みました。
川に水が無いとはいえ、やっぱり夕陽ってキレイだね。心に効く・・・
CIMG2167.jpg
何気ないことなんだけど、夕陽が沈むのをぼんやり見てるのってすげぇ幸せなことなんだよなぁ。
CIMG2170.jpg

あの子たちはきっと今日も変わらず冗談言ったりしながら、
井戸の滑車を鳴らして水汲みしてるんだろうね。。。
物質的に貧しくても、笑顔と思いやりがあって、十分豊かな生活送ってるなぁ、って思う。
そんな生活が羨ましいなんて思うのも日本人だからなんだろうけど。。。

Myanmar、なんだかいろいろと考えさせられた。
 

2010

02/22

Mon

19:01:17

マーケットとバンブーハウス、そして笑顔 

Category【 Myanmar 】
ミャンマー中央部にあるInle Lake(インレー湖)。
バゴーからA/Cバスで来たけど、アホみたいにA/C付けっぱでホント寒かった。
ミャンマー人曰く、涼しい(寒い)のは良い事だ!っても程度ってもんが・・・汗
しかもAM5:00くらいに着いて、バスを降りるとさらに寒い…
日本の晩秋くらいの気温かと思われます。マジさみい。
ジャンクションにいた人とか、フリースとかニットとか着てるし。
CIMG2129.jpg
想定外だす…

インレー湖周辺の中心になるのはNaung Shwe(ニャウンシュエ)。入域料3ドル・・・外人料金高すぎだろー泣
ニャウンシュエの朝焼け。
CIMG1978.jpg
早朝の散歩終わって帰ってみると宿の前で托鉢してた。
CIMG1996.jpg
5分くらい続く大行列。黙々とご飯あげる人たち・・・

さて、インレー湖では五日市とボートツアーを。
ボートは他に人いなかったから半日チャーターで10000tyat…高すぎるよなぁ。
なんか政府がレートを挙げたとか。おのれ軍事政権め。。。

五日市は原チャでちょっと行ったとこ。
のどかな道をたらたら走りました。カントリーロード☆
CIMG1999.jpg
途中で牛車とすれ違ったり。
CIMG2004.jpg
マーケットは賑やかでした。
CIMG2005.jpgCIMG2006.jpg

で、午後からはボートツアー。
ノースーベニア!で、たまたま申し込んだ人の相手のお姉さんが家に帰るから途中まで乗ってく流れになったので、
お邪魔させていただく事に。
これが家。竹製です。
CIMG2089.jpg
乾期の終わりで水位はすげぇ低かった。
で、中はこんな感じ。おばあちゃん付き。
CIMG2090.jpgCIMG2092.jpg

たらたら話をして、ほかに葉巻工房と寺院、仏教学校に連れてってもらった。
CIMG2103.jpgCIMG2101.jpg
全部手作り。職人芸でした。ちなみにこれで2000チャット(200円)
お土産で貰ったり、トマトごちそうになりました。

水上寺院兼学校。中でお坊さんとか先生とかがだらだら話してた。
CIMG2116.jpgCIMG2122.jpg

この界隈、風景がすごいキレイで。畑もあったし。
CIMG2106.jpgCIMG2109.jpg

なんだかんだ言っても、ミャンマーでここが一番よかった!
そんなに裕福でないのにみんなすごい笑顔でいろいろともてなしてくれた。

ただ、そのおもてなしのお礼が何も出来なかった。
渡せるものも無かったし、お金(よくないと思いつつも・・・)渡そうとすると「いらない」の一点張り。
ただ、「happy?」って聞かれて、「Of course!!!」って言ったら「It's OK!!!」とのこと。
満面の笑みでこれ言われて、なんだか泣きそうになった。
自分のちっぽけさを痛感させられたやりとりだったなぁ・・・


いろいろと政治的に難しい国だけれど、この人たちの、あの笑顔がずっと続きますように。。。
CIMG2123.jpg
 

2010

02/19

Fri

20:42:03

不思議岩 

Category【 Myanmar 】
Yangonに入るには空路しかないので、今回Air AsiaでMyanmar入国です。
初めてAir Asia使ったけど、航空券がレシート・・・ステキ笑
CIMG1803_convert_20100303175000.jpg

ヤンゴン国際空港はどこぞの田舎の空港かと思うくらいのどかな感じ。
なんだかお香?蚊取り線香?の香りがしたよ。
朝8時くらいに着いたんですが、Bangkokに比べてはるかに涼しい!
とゆーか、初夏みたいな清々しさ!意外!!

着いた日はいつものように散歩。
ミンミンさんってミャンマー人と出会って、いろいろと良くしてもらった。
とりあえずマーケットで両替。100ドル換えたらこうなった。
CIMG1835_convert_20100303175320.jpg
分厚っ!!!
今は円安ドル安チャット高らしく、1ドルが980チャットで1000きってたけど・・・
初めてこんな札束持ち歩いたww


ミャンマー、9日間しかないので久しぶりのスピードパッカー。
翌日にはTyaikhtiyo行くためにキンプンへ移動です。
Tyaikhtiyoは落ちそうで落ちない岩、Golden Rockのことです。

正直、ミャンマーの観光地ってここくらいしか思い浮かばなかった・・・汗
まぁ、ここにいくまでがパンチ効いてまして。
Golden Rockは山頂にあるんけど、
キンプンから途中のヤテタウンってトコまで行くのがピックアップのみなんですね。
それが普通のトラックの荷台に人を詰め込んでくんですよ。
で、こんな状態になっても後一人乗れるらしくしばらく待機したり。
CIMG1894.jpg
50人くらい乗ってます。。。
みなさん静かに発車まってるけどすげぇキツいよっ!!

これで山道ガンガン行くんですが、その道、舗装はされてるけどアップダウンが半端無い。
下手なジェットコースターよりよっぽど怖いww
ちなみに、道が道なので安全性で言えばトラックはセンターに座るのがベターかと思われます。

で、ヤテタウンから山登ること(かなり急ぎ足)30分でGolden Rock。
この道の舗装されてるとはいえすげぇ急。
CIMG1897.jpg
サンダルで行ったのはミスでした。。

CIMG1900.jpg
結局Sunrise間に合わなかったけど、観光地兼巡礼地ですよね。
日本だったら間違いなく受験生の聖地になってるだろーなぁ笑

ちなみに女性は入れないし触れない。
CIMG1912.jpgCIMG1920.jpg

この岩、本気で押すと動くらしいですが、金箔べたべたなのでやめておきました。
祈るお坊さん。
CIMG1937.jpg
ほんとよく落ちないのぉ・・・
CIMG1929.jpgCIMG1901.jpg

2時間くらいで下山開始。
そのままキンプンからバゴー経由でNaung Swhe(Inle Lake)に向かうのでした。。。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。